68pipsの結果

長期EMAからの反転のみの検証中
2016年2月の結果は、68pipsの結果に。

損切り幅が大きいかなぁ
直近の山谷にストップを置くと
突如反転の損切り幅がかなり大きくなる。

まぁ 仕方ないか。
こればかりは、統計とりながらトータルで勝てるようにしていかないと。

ただ一度に20pとか負けるとビビるなぁ


あと収穫は
長期EMAからの反転のみの精度が徐々に高まってきてかもしれない。

単にそこまで戻ったから仕掛ける ってやっていたら負けが多いけど、
トレンドの進み方や戻り方も考慮して、反転するかもしれない戻り方と
ここは入らなきゃってというところが明確になってきている。

あとで
短期EMAと長期EMAを組み合わせた練習もしなきゃならないのだろうけど、
まずは長期EMAだけで実践で戦ってみても良いかもしれない

記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
# by milklandgmma | 2017-09-07 14:13 | バックテストの結果 | Comments(0)

長期EMAと100EMAからの反転のみに絞って
2016年一月のバックテストを行ったところ、

合計トレード数 27回
トータル 418pips 勝率74%

という結果に。

これは短期EMAからの反転は入れていないが、リアルでやる場合は
短期EMAとの組み合わせでより結果が上向くというよりも下向く可能性も大きいだろう。

忙しくなる時の精神的ダメージやポジポジ病も考慮しなければならない。

ただ、長期EMAと100EMAからの反転のみで絞ったのほうが、
のってぃー氏が言うように短期EMAからの反転よりも難易度が低くなり、勝率が向上するあたりから、こっちから先にマスターしたほうが得策かもしれない。

ただ、懸念されるのは
勝率が高い分、エントリー直後に突如反転したときの痛手は大きい。

短期EMAからの仕掛けと違い、最初のストップ幅を広くとっているから、早すぎる反転にはダメージが伴うだろう。

あとは、2016年の1月だけの検証では心もとない。

とくに1月2月はボラの関係でトレンドフォロー向きの環境だったと思うから、
このまま5月までは検証しておきたい。


記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
# by milklandgmma | 2017-09-01 10:52 | バックテストの結果 | Comments(0)

長期EMAの反転と100EMAの反転を同時に検証することにした。
その境界線が微妙だったから。同じ扱いでいい というのが結論。
それに検証時間も短時間で済む。

なので今のところは
「短期EMAからの反転」戦略
「長期&100EMAからの反転」戦略

の主な二つが主軸になりそうだ。

ちなみに「ブレイク」戦略に関して読み直してみたところ
5分足でのパーフェクトオーダーの最中の戻りからの反転ということで、事実上
長期&100EMAからの反転と性質は同じだと思う。

あとは「揉み合い」を判定する必要がある。

戻りの最中、押しの最中に
勢いが続くと思って反転で仕掛けた場合、実は揉み合いがつづいていたというのは、
連敗の種になる。

これは戻りや押しの「形」に注目して対処する方向でよさそうだ。

それには反転したかどうか、その明確な判断もしなければならない。

ひとつの対策として
トレンドが発生したかどうか、その判断材料の見直し。

のってぃー氏の日々のブログを見る限り、
後から見たチャートからは、「もっと良いエントリーポイントがたくさんある」ように見える。
しかし彼はそこでは仕掛けていない。

印象としては、やや遅いエントリーにみえる。

にもかかわらず、トータルで利益を得る。

さらに言うと、日々の獲得pips数は目立ったものではないがコツコツ積み上げて、結局トータルプラスにうえに負け幅が非常に小さいのが特徴。
だから遅めの判断でもいいから、
トレンドの初動を狙うのではなく、トレンドが続いている最中に仕掛けるほうが検証中もそうだけど旨味が大きいと思っている最中。

あとは同じような箇所で仕掛け続けて、統計をとっていきたい



記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
# by milklandgmma | 2017-08-28 11:24 | 対策を練る | Comments(0)

【短期EMAからの反転のみ】の検証はまだ続けたいところはある。
改善点として、最初に置くストップ幅をどうするか という点。
4p幅は自分としては良いが、連敗が続くときがある。
8p幅も連敗があると精神的にまいる。
あとは、のってぃー氏テクストどおり直近の高値安値に置くパターンが一番理論的なのだが、ポン円でそれをやると一度のストップ幅が大きすぎる場合があるのが懸念される。つまり、1分足でエントリーして次の足で大きく逆行したとき痛い(>_<)。これは防止したいので最初のストップ幅をあらかじめ決めておきたい。

あともうひとつ改善点があった。

それはエントリー箇所の精度の問題。

再度、テキストを読んでみたら
まだ至らない点があったかもしれない。

なので短期EMAからの反転トレードも
後ほど検証したいが、一度長期EMAからの反転と100EMAからの反転を検証しておきたい。


記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
# by milklandgmma | 2017-08-25 09:57 | 対策を練る | Comments(0)

ポンド円の検証結果、今のところ
2016年度の結果を見て
【短期EMAからの反転のみ】の検証が以下の通り

    8p幅   4p幅  (短期Eも長期Eも100Eも含む)
1月  197    349   226
2月  316    189   259
3月   72    125    48
4月  115    -12   137

合計   700    651    670


仕掛けた直後にストップが自動的に入れられるように設定しているのが、
この8pipsストップ幅のスタートか、4pipsストップ幅のスタートか、っていう検証。

理論的には、4pips幅スタートのほうが勝率が落ちる。

やってみた感想としては、4pips幅での検証時に10連敗があるのはかなり痛いところではあるが、かなり連敗しているなぁという実感に対して、
同じ負け幅で比べたときに8pips幅だとわずか5連敗とスゴク少ない。

フィーリングは、4pips幅のほうが自分向き。

理由は、我に返りやすい。

4p幅だろうと8p幅だろうと、一回の負けは負けとして心理的にカウントされているようで
負け幅よりも負け方や負ける回数のほうがリスクを感じやすいようだ。

そして、ポンド円の場合は4p幅も8p幅もあまり印象が変わらない。
8p幅にしたから勝率がグンと伸びた。
4p幅だから勝率がグンと減った、そういう感じではない。

実績にも反映されている。

ただ、こうみると
あまり大差ないので、自分がやりやすいかどうか、という選択でよさそうだ。

しばらく4p幅スタートで検証したいが、これは【短期EMAからの反転のみ】の場合であって、
【長期EMAからの反転】の場合は、ストップ幅が変わるかもしれない。


また、
短期EMA群からの反転
長期EMA群からの反転
100EMAからの反転
揉み合いからのブレイク
これらすべてのを組み合わせた結果と比べても、現時点では大差がない。

ということは、
単純に見えたのが

短期EMA群からの反転のみで戦う価値が十分にあるということ。

そして、
長期EMAと100EMAと揉み合いブレイクの損失がかなり足を引っ張る可能性が高いことが考えられる。




スキャルピングランキング
[PR]
# by milklandgmma | 2017-08-22 10:16 | バックテストの結果 | Comments(2)

短期EMAからの反転バックテストを継続中。

やはりバックテストをするときは、
短期EMAならこれだけを行ってやったほうが見えてくるものがある。

正直、ポンド円が終われば
もう一度、ドル円でやってみたいし、ユーロドルでもやってみたい。
たった4か月間という短期間の検証でも十分に使えそうなものが見えてきた。


長期EMAと合わせて検証してた時の違いは、ほかにもある。

それは、のってぃー氏は
慣れないうちは短期EMAは難易度が高く、長期EMAからの反転でも十分に一週間単位でしっかりとトータル利益を残せるはず、とテキストに書いているが、慣れれば短期EMAだけでもエッジがあり、ことさら再現すること自体は難しいどころか、むしろ長期EMA反転よりも簡単だと思った。

のってぃー氏が言うように勝率が長期よりも低いのかもしれない。
ただ、再現はしやすい。

その理由が、ポンド円のボラがあるからなのかもしれないが(たまたまボラが高い時期で検証していることも考えられる)、
短期EMAでのエントリーポイントが分かりやすく、再エントリーを繰り返すことがほとんどない ということ。
2回やれば十分にわかるし、2連敗した時点で様子をみることもできる。

エントリーとエグジットが長期よりも明確だと感じる。

例えば、短期EMAからの反転を考えた場合、明らかにトレンドに勢いが無ければならない。
小さな戻りからの反転は、結果がすぐに出る。
ダマしなら、すぐに逆行する。
ダマしでなければ、一気に抜ける。

たとえダマしでも、小さな損切りに済む。10pipsも猶予を持たす必要もない。


一方、長期EMAからの反転の場合、「揉み合い」に入っている可能性がより高く、その「揉み合い」を見極めることが重要で
その重要なことが難しいと感じてしまう。

短期EMAならば、すぐに決着が付く。(あきらめがつく)

しかし、長期EMAの場合、「反転」なのか「揉み合い入り」なのかが分かりづらい。

この辺りは、もしかしたらのちに短期EMAの検証を終えて、長期EMAのみの検証をした時に見えてくることなのかもしれない。



記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
# by milklandgmma | 2017-08-21 07:35 | バックテスト | Comments(0)