自分にとっての禁断のポンド円

今一度、ポンド円を触ってみようと思う。

スプレッド幅が高く、
エントリー直後に5pのマイナスからスタートする分の悪さから敬遠していたし、
ボラの大きさから勝ちやすいが、負けると大ハマりでさらに損失を膨らませることから、
魅力的な通貨ペアではあるものの
毎回、「触らなければよかった」と後悔するペアでもある。

ただ、のってぃー氏はいつもポンド円で取引しているのを見て、
やってみたいなぁ 
ということで、もう一度再チャレンジ。

ただ、バックテストを行って結果が出ないようであれば、
ドル円に戻そうと思う。

ドル円と並行してバックテストする感じで。

とりあえず、2016年4月分のポンド円のバックテストを行ってみたい。

ドル円では若干のプラスで検証を終えた。
ポンド円だとどのような感触になるだろうか。



[PR]
# by milklandgmma | 2017-07-13 11:09 | バックテスト | Comments(0)

通常のボラティリティをメインにバックテストを行っているため、
あまり大きすぎるボラティリティの戻りの反転が起こっても怖くて手が出せない。

これも経験かな

21:00 から監視スタート

21:30のイエレン証言の原稿が公開されたものに市場は大きく反応。ドルは一瞬買われたが、そのあと売られ 乱高下したのちの50pips超の下げを演出。
113.00を割る場面もあったが、実際に仕掛けたところは逆張りばっかり。

本来ならば順張りで追っていくのだが、イベントの時は順張りよりも逆張りのほうが利く。ただ、今回の下げは本物だったようで逆張りしても一進一退の攻防で
プラスで終えられた時点で通常のGMMA手法に切り替え、微益で撤退して終了。

相場は、ドル円は5分足と1分足の動きが揃わないし、ユーロドルはゴムが伸びきり過ぎたチャートの形になっているので今夜のところは0時を待たずに終了した。

詳細
+6.5
+0.8
-4.3
-2.7
+7.4
+0.5

7月合計 -9pips



[PR]
# by milklandgmma | 2017-07-12 23:33 | フォワードテスト2 | Comments(0)

0pips ノートレ

22:02から監視スタートするも15分後にはPCを閉じた。

連日の猛暑で夜トレのために仮眠をとっているにもかかわらず、睡魔に勝てず、値も動かずっということでノートレを決め込んだ。

(今日はずっと揉み合いかなぁ~)と思っていたけど、それは単に自分の都合のいい考え方だったかもしれない。相場のことはわからない。

結局翌朝、チャートを確認したら0時を過ぎたあたりから大きく動きがあったようだ。

ちょっと今振り返っても0時過ぎまで待てた気がしないけど、もう少し体調管理、夜までもつ体力と精神力をつけて、考え方を変える必要がありそう

7月合計 ‐17.2pips

[PR]
# by milklandgmma | 2017-07-12 09:30 | フォワードテスト2 | Comments(0)

珍しく東京市場でトレード

11.5

欧州タイムでもトレード

-3.1
-2.1
-2
-2.2
1.9

NYタイムでもトレード

-3.5
-3.1

動きそうな場面を狙っていたが、揉み合いの最中でエントリーしている。
ブレイクアウトを狙ったトレードは、難易度が増す。

7月合計 ▲17.2pips


記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
# by milklandgmma | 2017-07-11 08:40 | フォワードテスト2 | Comments(0)

5月からのGMMA+3本RCIトレードのフォワードテストは2か月間で
全23日分を終了した。

結果は、12勝11敗(勝率52.1%)※日単位
合計獲得pips数:▲50.5pips
ロット数:すべて1ロット(1枚)

勝ち合計:138.7  勝ち平均:11.5pips
負け合計:‐189.2 負け平均:-17.2pips

(総評)
トータル負け越しているが、
最初のうちはあまりよくわからない段階でのトレードを含んでいることを考えると
上出来上出来。

あと今までにない感触としては、
全部で気になる▲20pips越えのドローダウンの日は4回あったが
全体的に損小利大のようなトレードが多かった。

日の損失がトレード数のわりに小さく済んでいる

そんな感触だった

これは、自分と相場が合わないときは小さな損失で済んでいて、
勝てる日はそこそこ勝てるようになってきたこと。

ただ、それでも23日間の中で、魔が差すようなときがあり(今回は4度のドローダウン)、
そのときに合わない相場とブツカリ、悪い自分の癖が出てしまい、ドカンと負けている。

相場あるあるではあるが

それでも そのドローダウンの日は、ほかの人は明確に違う「精神状態」や「トレードの仕方」
そして何よりも「明確に違う相場状況」が確認できている点は、前向きにとらえられるはずだ、。

明確に違う状況というのは、いわゆる日全体で「低ボラ環境であり揉み合い相場である環境」ということになる。

細かい(総評)は、以下の通り。

・しっかり学んだことを実践に活かせたら負けてもプラテンに持っていけるはず。
・リスクに敏感なトレードは良い。鈍感すぎるくらいなら、敏感すぎるくらいがトータル好結果であった。
・「のびきったゴム」と「1分足100EMAが水平の時」は要注意である。
・トレンドが発生した後に、それが続くかどうかをじっくりと腰を据えて見極める姿勢が好結果に結びつく感じがした。
・ルール厳守、勝つべきは『 内に潜む怠慢 』
・ダブル仕掛けの負けがトータルパフォーマンスに悪影響を及ぼしやすい。勝っているときにダブルで、負けているときはシングル(orハーフ)を徹すること。
・RCI長期ラインが逆向きの場合、高確率のダマし。
・日中にバックテストをしているとその日の結果が良くなる傾向にある。
・負けを取り返すトレードを控え、そのあとは利を追うのはほどほどにすること。負けた分を一気に取り返そうとするとドツボにハマる傾向が強い。
・ルール通りにやり続けることはつまらないが、ルールという縛りを捨てたらヒドイ結果になる。
・感情的かどうかよりも、見たままでトレードすること。
・再エントリーする際は、必ず本当にそこで仕掛けるべきかをチャートと統計から吟味すること。



(7月から)は、第二回のフォワードテストを実施中。
今月は全17回のフォワードテストを予定。
飛躍的に改善していることを期待。

行動レベルでは、この期間に2016年4月~2017年3月までのバックテストを終えておきたい(1年間分)


一か月間や二か月間での期間では、
±50pipsは、収支トントンレベルだと考えたい

プラスでも喜べないということ。

やはり一か月間単位で3か月間連続100pipsは安定して越えてこなければ、明確に力がついたとは言えない。

もしもこれが達成できたならば、ロットを2枚に増やしてフォワードテストを試みたい。

2017年 年内の目標は、5枚以上での取引を実現すること。

そのために7月8月9月の3か月間は、言い訳しないできっちりとやるべきことをやり、実績を積む。

[PR]
# by milklandgmma | 2017-07-10 06:09 | 対策を練る | Comments(0)

先週木曜日のトレード
そして金曜日は休んで、
土日は家族のイベント続きと4日間連続の夏日でバテたこともあり
いろいろとスローペースになってしまった。

木曜日のトレードから振り返る

ADP待ちからのトレードで、
RCIをチェックせずにエントリーしたことといくらかのトレードが
全般的に雑になってしまった。

RCIを確認せずエントリーして、その直後にすぐに撤退して
それぞれ
-2.6
-1.4

その後は
-2.2
-3.2
-4.2
と連敗が続いた。

一度大きく動いた後の
揉み合いの序盤で反転のダマしで負けがつづく

ほかにRCIの中長ラインが逆を向いているにもかかわらず、売りエントリーしたのはルール違反。

この日は、
ドル円で トータル -1.9p (6トレード)

ユーロドル トータル -12.7(7トレード)

トレード中は冷静で感情的になっていないし、リベンジトレードをしているつもりはないけれども、このように明らかにオーバートレードをしていることを考えると
タブーを犯している可能性が高い。

やはり雑なトレードが癖になっている。


トータル 合計 -14.6pips

目線がブレなかったため(目線のブレが生じにくい環境だった)、
最終的に割と小さな負けで終われているのが不幸中の幸い。

大負けしないうちに辞められてよかったと思う。

7月合計 ▲14.6pips


記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
# by milklandgmma | 2017-07-09 19:08 | フォワードテスト2 | Comments(0)