雇用統計の前は、ほぼ確信のような気持ちで
ドル買いに反応すると思っていた。

だから、長期で仕込む気満々だったが、

雇用統計を跨がない というルールがある。

それを守って良かった。

相場は売りで反応。
予想よりも良くない結果に反応した。

相場は急落。

だが、110.40あたりだから案外底堅い。
110円割れがあってもダマしの下げからの上げに転ずるような週明け相場になりそうだが、
とにかく

仕込まなくて良かった。

今後も雇用統計は跨がない。

それだけは今後もぜったいに守りたいことだ。
雇用統計は怖いな。

もしも
トレードするなら、イベントが終わってからってことになる。その状況ならば、トレードするのに不安はない。
あくまで落ち着いたあとだけれども。



[PR]
by milklandgmma | 2017-06-04 14:37 | 独り言 | Comments(0)

日が空いたこともあり、久しぶりにのってぃー氏の教材を再確認すると何点か、意識の置き所や意識の重点にズレが出てきていることに気付けた。

今回は気づいた点をメモしておこう



GMMAとRCIの弱点として、
レンジ相場ではダマシが多く発生すること。レンジ相場ではGMMAが効力を発揮できませんから、できる限り本教材で解説するトレードは避けたほうがいい。

とはっきり書かれているので、揉み合い、レンジに関しては、取引を避けるよう努める。

やっぱり通常のレンジ相場と方向感のあるレンジ相場で、損切りが連発してしまうのが今段階の大きなネックになっているので、ここの欠点をできるだけ小さくすることが最優先事項となりそうだ。


2  

トレンドがかなり進んだ後に表れる3本RCIの扇形の反転は、トレンドの終了 もしくは、しばらくは大きく戻ったり揉み合い入りする可能性が高いということ。

トレンドの反転も含めて、ここは要注意項目。




3本RCIの弱点として、ピンポイントなエントリーがわかりにくい。
確かに、長期足で3本RCIを見ても非常にピンポイントのタイミングが分かりにくく、思惑通りにトレンドが進んでもエントリー直後にかなりの含み損を抱える我慢が必要になりそうだと感じた。

つまり、RCIをエントリーのタイミングを計るために活用するのは、最小限にとどめること。

個人的には、ダマしを回避するためにかなり重要視していたので、もっとGMMAとプライスアクションの形に注目していけるように修正していこう。




「レンジ相場には、本格的にレンジになってくると、なかなかレンジが終わらない という特徴があります」

レンジを抜けてパーフェクトオーダーになっても、もともとがレンジならば、もとのレンジに戻ってしまう可能性が高いので
全体がレンジであるときのブレイクポイントを狙うときは、トレンドの押しと戻りを狙うよりも慎重さが増すようだ。




ローソク足の動きもなく、EMAすべてが重なり合っているようなチャート。こういう状態は、「動いている」と判断できるようになるまでは、トレードを仕掛けずに待ちましょう。



とにかく、キーワードは1分足のパーフェクトオーダーを待つってことだ。

そこまでは、とにかくやることがない。なにもやらないってこと。それを徹底していきたい。



記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
by milklandgmma | 2017-05-30 10:17 | 独り言 | Comments(0)

週明け、リアルトレードは休み。
GMMAとRCIのトレードも順張りトレンドフォローも原則、相場に厚みがなければ話にならないので
潔く休むことにした。

本当なら、バックテストなどで練習に当てたかったが、連日のレジャーやイベントのせいか、疲れも残っていてパワーが出ない。
言い訳してる…

まぁ 火曜日からリアルトレード(フォワードテスト)再開と行こう。

5月のトータルは、もうほとんど±0の結果に終わりそうだ。
バックテストも苦行のようなもので予定通り、なかなか前に進められていない

記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
by milklandgmma | 2017-05-30 08:34 | 独り言 | Comments(0)

今週はいろいろトレード以外のことであった。
家族のイベント等あって、その中で無意味に一日酒を飲んで休んだりとまったくトレードモードになれず(本当はやりたかったが)、週初めでプラテントレードしてからはやっていない。たった五日間だけど大きなブランクだ。

今日一日でどらくらいトレードモードに戻せるかな。

まずは、このブログを一から見直して、日誌も見直し、バックテストを回していく。
そのうえで、明日からフォワードテストを再開。

頭で理解していても感情の邪魔が入ったり、チャート上に見えもしないものが見え始めたりするので、ちゃんと準備に時間をかけて、行動もマインドもしっかりと持っていきたい。

とくにこういうレジャー明けは、ボケ~としているので、リスク許容範囲がボケボケのぼんやりの幅広すぎになるので、きっちりタイトに厳格にリスク管理できるよう やっていく。


記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
by milklandgmma | 2017-05-28 10:45 | 独り言 | Comments(0)

昨日の金曜日の相場は、ドル円小動きだったようで見ていてもトレードできたかどうか…
夕方から吐き気がしてそのまま翌朝まで寝続けた。

我が家では自分が以外全員が胃腸炎にかかり、
胃腸炎になり難い体 だと自負していたがための鉄槌が下されたようだ。

とはいえ、症状は重くなく、実際に吐くことも下痢になることもなかったが…
起きていれば吐きそうになっていた…

まずは今週一週間の反省と
週明け、元気にトレード復帰したいと思う。

[PR]
by milklandgmma | 2017-05-20 06:27 | 独り言 | Comments(0)

GW明け トレード再開

GWラスト二日間は、ほとんどバックテストをやらず…
こまい時間にルールの見直しや修正点などのイメージトレーニングくらい

実際のトレードはバックテストでも同様だけど、
動いているチャートで判断するときどうしても判断が微妙に迷うときがあるし、
感情の部分も浮き沈みのブレが少なくなったとしても、常にずっと「ブレがゼロ」はあり得ない。

「ブレがゼロ」にできないのなら、ルールで縛るしかないけど
縛り方を間違えればストレスが重なって、いつの間にかドツボにハマって、出られてなくなってしまう。

だいたい値動きも感情も いつも同じことの繰り返し。
もう何べんも何べんも繰り返す。
ほとんど新しいことは出現しない。

でも何度でも目の前の値動きに翻弄されてしまう大馬鹿な自分をなんとかしないといけない。

そのあたりは日ごろの練習で統計的なエッジを身体で理解しながら、慢心しないように脇を絞めていく。

その上で、暴走トレード  あるいは 軽い暴走トレード を避けることができないので、

今週は暴走やリベンジトレードの際は、必ずストップをタイトにする。

オーバートレード ポジポジ病

わかっていても避けられない。

なら、エントリー前にストップの場所を明確にして(通常の最大損切り幅は10pipsにしているが、こういうときは最大5pips幅に設定して、3pipsの逆行でも損切るつもりでエントリーする。)


リベンジトレードは ほぼ間違いなく逆行する。

リベンジトレードの敗率は、95%を常に超えてくる。(少なくともどんな環境でも80%超えとなる)

このルールを守り、資金を守っていきたい。

ブログランキングをはじめました
応援よろしくお願いします

スキャルピングランキング
[PR]
by milklandgmma | 2017-05-08 14:34 | 独り言 | Comments(0)

最初は、3本RCIなしのGMMAのみで押し戻りの反転を狙っていた。
けれども今は、3本RCIなしではトレードできないと思う。

プライスアクションだけでは、ココは入るべきだろう、っていうところでも
3本RCIがまったくバラバラの動きだったり、逆向きだったりしていると
面白いほどダマしの反転になっている。

たまたまっていうことはあると思うけど、
すでに十分に見込みを感じているインジケーターです。

慣れるまでムズカシク感じたけど、今は少しずつ使えるようになってきている。

バックテストだと足をおくる速さがリアルよりもずっと早いペースなので、
思考スピードが鍛えらる感じがするし、エントリーもストップの移動も決済も躊躇したらすぐに
足が進んでしまうので、いいトレーニングになっている。

リアルだとたとえ1分足の速い動きでも
着いていける。



[PR]
by milklandgmma | 2017-05-04 20:07 | 独り言 | Comments(0)

うまく行っている期間のあとには、脇があまくなってドローダウン期間に入りやすい。

これはドローダウンに頻度が少なくなったり、期間が短くなったりしても、
ほぼ確実に訪れるので
ここの対策を考えた。

それはドローダウン期間に入るときの共通点として、オーバートレードがある。

つまり、思惑通りに値が動きそう ってところでエントリーして、損切りが何度も続くときがそう。

値動きとしては、ボラの低下だったり、揉み合い相場になっていたり、逆張り派優勢の環境だったり、ビックプレイヤーの玉拾いが始まったり、といった環境でよくある値動きパターンなんだが、人間(私は)どうしても「直近偏向バイアス」から逃れられないようだ。
とくに疲労から意識力の低下が引き起こされる「魔が差す」場面では暴走スイッチを入れてしまう。

それでこの対策、

直近偏向バイアスとリベンジ感情からくるポジポジ病を抑えられないのなら、
損失を小さくする方向で臨みたい。

つまり、リベンジトレードするときは、いつもよりストップをタイトにする。

いつもは10pips手前を最大ストップとして設定しているが、この最大ストップを3pips幅に設定するか、逆行する兆しですぐに逃げるようにしたい。、

だいたいこういう環境になったときは、思惑方向への「ダマしブレイク」の演出がすごく多くなる。
だから、売りならばほとんどが安値掴みさせられる。買いなら高値掴みさせられる。

でも数分後には、その安値や高値を越えるような動きを見せる。
そして、少し超えるがすぐに反転する。
でも私はその超えたところで掴まされる、という値動きが何度も何度も繰り返される。
それでいて、わずかにトレンドを描く。

これが「方向感のあるレンジ」というものだと思う。

この方向感のレンジが私が最も苦手とする値動きパターン。

これを見破れず、負けたら躍起になり、ほとんどの勝ち分を溶かしてしまう。

なぜなら、こういう苦手環境の時に限り、感情的になり、ストップ幅が広くなり、トレード回数も増える。
ついでにロット数も大きくなりやすい。

もう完全にドツボにハマっているパターン

この対策を「いつもより半分未満のタイトストップで臨む」で行きたいと思う。


※リアルトレードまであと5日…


ブログランキングをはじめました
応援よろしくお願いします

スキャルピングランキング
[PR]
by milklandgmma | 2017-05-04 09:46 | 独り言 | Comments(0)

フォワードテストということで
1万通貨で8日のロンドンタイムとNYタイムからGMMA&RCIトレードをやっていこう

計画は、年間トータル2000pips以上をバックテストで確定した段階からリアルのフォワードテストに移行したかったけれども
モチベーション維持のためにバックテストは引き続きメインに時間を使って、やれる日はリアルもやって学習濃度を濃くしていこうかと。

実のところ、この手法のリアルでのトレードはけっこうやっているのだけど
早すぎだったので一旦バックテストに戻り、現在に至る。

バックテストにも少しずつ慣れてきた。



[PR]
by milklandgmma | 2017-05-03 16:20 | 独り言 | Comments(0)

検証は絶対に必要

検証が面倒くさい
検証 大丈夫
検証 とにかくやりたくない

っていうのは理解できるけど、絶対に必要だと思っています。

裁量でのトレードの場合、検証というのは  手法自体が統計的に機能してエッジがあるのかどうかという「検証」なのか、それをすでに分かったうえでの「練習」なのか、
検証と一言にいっても二つの意味を内包していると思う。

それでシステム手法でワークさせるためには、できるだけ感情のブレをなくしさえできれば、ほとんどが機械的な動作の繰り返しなので練習というよりは、エッジの確認と確信に繋げる裏付けが多くを占める。

でも裁量の場合は、断然 「練習」のほうが多く占めていると思う。

勝てる手法を見つけるだけでも大変なことだけど、それを自分のモノにするのもまた時間を費やす部分でもある。


今回、GMMAも3本RCIも初の取り組みになったけど、
3本RCIの動き方を前もって検証でわかっているだけでも強みになっている感じがしてきている。

バックテストを少しずつ進めて、使い方を理解してくると見えてくることがある。

ここ最近でわかってきたのが、長期ラインは一番最後に遅行してくるわけだから、中期ラインが先行するのが基本。だから中期ラインが下を向き始めてもしばらくは長期が上向きだったりする。この場合、重要視するのは中期と長期が揃って同じ方向を向いていること。とくに長期が角度を付けて逆側を向いているのに、ローソク足や中期足が順行しているパターンはかなりの「反転のダマし」が多くなる。

このRCIっていうのは、時間と価格の関係を示しているようだけど、熟練者が見た目の感覚でわかる部分を視覚的にわかりやすく表示させてくれている。
どうしても値動きになれてしまうとチャートの形がイケると思っても、時間が経ち過ぎていたり、保有しているポジションも思惑通りに動いてくれているがタイムオーバーだったりした場合は、ポジションとは逆に動くことが多くなってくる。そういったことを視覚的に示しているから、使う側のブレが少なくとても助かる指標だ。

この時間足で安定的にパフォーマンスを出せるようになればRCIを使った長期トレードも視野に入れておきたいと思った。



[PR]
by milklandgmma | 2017-05-02 18:47 | 独り言 | Comments(0)