このドローダウンパターンをなんとかしたい…

バックテストでこの負けまくり連敗ドローダウンパターンをなんとか直したい。

下のバックテストの取引画面(ドル円2016年4月)の取引画面でこの負け方。
本来なら、青○のところで仕掛けられたらベストだったけれども、ここを慎重になり過ぎて見逃す。
その後、戻りの反転狙いで仕掛けて、冷静さを欠くとすぐに反転のダマしで食い殺されるパターンに
ある意味ゾーンに入ってしまう119.png119.png

d0361627_11014884.jpg
リベンジモードに突入してしまうっていうのもあるけど、
それ以前にこの長期EMAからの反転で大きく上げていくだろうという期待感が先行してしまう。

それに慎重になるから、エントリーも一足分遅くなり、高値掴みしてストップ幅も広くなってしまう。

こういう「方向感のあるレンジ」 しかもボラが上がっているときに限り、動揺や興奮+取り返そうという気持ちから、ポジポジ病のような状況になる。

多くの場合、テクニカル的な誤解からドツボにハマっているのだと思う。メンタル面ばかりが問題視しやすいが、このチャートを見ながら、何かを見落としている。
そもそもエントリーしてはいけない「何か」に気付けていないのだと思う。

その「何か」がわからない。

のってぃーさんのブログやチャート解説からは、こういう負け方のチャートをほとんど見ない。

のってぃーさんは、どうやってレンジの入り口を見極めているのだろうか。
のってぃーさんもトレンドが続くと思ってエントリーしてすぐに撤退したり、負けたりするのはよく見る。
しかし、そのあとドツボにハマることがない。

でも勢いがまだ続くと判断して、再エントリーする精度もまた高い。

ここの見極めがすごいと思う。実際に右端がわからない中で見極めるのは、なかなか難しい。
最近はとくに、バックテストが負けまくり、フォワードテストのほうが慎重でこういうダマしを回避しやすくなっている。


記録用ですが、
ブログランキングを始めました。

スキャルピングランキング
[PR]
by milklandgmma | 2017-06-16 11:10 | バックテスト | Comments(0)